伝統の技×近代の技術

和紙のもつ素材感、風合い、温もり。美しい本物の和紙で、ゆとりある生活空間を愉しんで頂きたい。
そのような想いから、日本国内にある素晴らしい技術を持った工場を、より良い製品加工方法を
求め探し巡り、和紙織物クロス HYPER NATUREは生まれました。

HYPER NATURE VOL.3では、より革新的な「撚り」と「織り」の技術に、「白」と「異素材」
そして「染め」を加え、新たな表情のある新作に挑戦しました。
季節ごとに変わる光や空気の中で、伝統の技と近代の技術から生まれた
和紙織物クロス HYPER NATUREを愉しんで頂ければ幸いです。

商品一覧

それぞれで見せる表情が異なる「白」

HYPER NATURE VOL.3では、新たな新作9点を加えました。「FIND WHITE」シリーズでは、白にこだわった3点。
同じ「白」でも、ニュアンスや表情が異なり、陰影も変わります。「白」の織りなす違いを愉しんで頂ければなによりです。
「DYEING(染め)」シリーズでは、材料選定とそれに合う染色のコラボレーションに挑戦。
染めの綺麗な色と「撚り」のランダムさが重なり合い、奥行きのある透明感を織りあげた3点。
「MATERIAL MIX2」では、「麻」と和紙の異素材のコラボレーションのバリエーションを3点増やしました。
どのシリーズも技術と素材の合わせ技で、どれが欠けても成り立ちません。

すべて見る

製造工程

職人の優れた技術とこだわりが詰まった

和紙織物クロスHYPER NATUREは、材料となる和紙の製造から
クロスの織り上げまで、その全ての工程を国内で行っております。
①漉く(すく)、②截る(きる)、③撚る(よる)、④織る(おる)。
この4つの大きな工程を、愛媛県、愛知県、京都府の1府2県に渡り、それぞれの地域の
技術を活かした専門の工場で製造しています。日本の優れた技術と、職人のこだわりが詰まった、
MADE IN JAPANの和紙織物クロスです。

  1. 漉く

    愛媛県の製糸工場。国内外で管理された木材を使用した原料から、
    材料となる和紙を漉く。本製品の品質を左右する工程。

    1. 和紙の原料。国内外の管理され
      た森林より採取した木材を使用。
    2. 水で溶かれた原料。
      漉いて和紙がつくられる。
    3. 原料となる和紙の完成。

  2. 截る

    愛知県の撚糸工場。愛媛より届いた和紙のロールを、数ミリ幅に
    細くテープ状に截る。

    1. 和紙は数ミリ幅に細く截られ、
      撚り機へ。

  3. 撚る

    織られた和紙を撚り、紙撚糸へと加工する。
    撚りの強弱により様々な糸ができる。
    本製品の表情を決める大切な工程。

    1. 和紙を撚り、しっかりとした
      紙撚糸へと加工される。
    2. 和紙織物クロスの表情を決める
      大切な工程。

  4. 織る

    京都の織物工場。紙撚糸の特性や強度に注意し、切れないよう
    ゆっくり時間をかけて織り上げられる。裏打ち仕上げを施し、完成。

    1. 織機にセットされた数百本にも及ぶ
      紙撚糸は、整経台へと巻かれてゆく。
    2. 紙撚糸が切れないよう、ゆっくりと
      時間をかけて織り上げていく。
    3. 和紙の美しい質感を生かし精巧に
      織り上がった和紙織物クロス。

特徴

環境面

天然素材100%使用
材料に使用されている和紙・レーヨンの原料は国内外の管理された森林より採取した木材を使用しており、天然素材100%の環境に優しい商品です。
CO2排出量の削減
従来の壁紙は染色する際、後染め工程を行っておりましたが、HYPER NATUREは和紙の妙紙過程で染色を行っております。後染め工程を省くことで、地球温暖化の原因となるCO2の排出量の抑制に貢献しております。

機能面

通気性
素材が和紙ですので非常に高い通気性があり、結露の防止効果があります。
調湿作用
紙原料の成分であるセルロ−スが、室内の湿気が多い日は湿気を吸収し、乾燥時には湿気を放出して部屋の温度を調整してくれます。
堅牢性
従来の繊維性壁紙に比べ、染色が光による色落ちに大変強い耐光性があり(試験方法:JIS L 0842)、
摩擦による色落ちにも強いのが特徴です(試験方法:JIS L 0849)。また、撥水加工を施し、汚れにくく仕上げております。
ガス吸着
和紙原料の成分であるセルロ−スが、室内の色々なガスを吸着してくれます。ガス吸着実験の結果グラフ

安全面

発散量
ホルムアルデヒド発散量(規定値)0.2mg/ℓ以下。全点「F☆☆☆☆」取得の上、「不燃・準不燃認定」です。  ※製造ロットにより色・柄・風合いが実際の商品とサンプルとでは、多少異なる場合があります。商品の欠点ではなく、意匠の一部としてお考えください。
メンテナンス
  • 汚れが小さな手垢の付着程度でしたら、消しゴムでこすり取って下さい。
  • 汚れが少しの場所でしたら、白墨(チョーク)粉をなでて補修して下さい。
  • 施工後の商品に埃や煤塵が付着した場合は、掃除機で吸い除去できます。

お問い合わせ

会社名※必須 法人 個人
お名前※必須
ふりがな※必須
URL
メールアドレス※必須
電話番号※必須
お問い合わせ内容※必須